グルコサミンランキングNET

グルコサミンランキングNET【グルコサミンコンドロイチン】

グルコサミンランキングNET【グルコサミンコンドロイチン】

グルコサミン&コンドロイチンサプリメント選びのポイント

グルコサミンはサプリメントのなかでも人気の高い成分ですので、各社から様々なグルコサミンサプリ商品が販売されています。どれを選べば良いか悩むと思いますが、いくつか選択基準がありますのでご参考にしてください。

商品に配合されているグルコサミンの含有量

グルコサミン含有量は体重に比例して必要な量も増えます。体重別に以下の量を目安に配合量を確認して、選ぶ際の基準とするとよいでしょう。

グルコサミン以外のサプリメントも色々飲んでいる場合

グルコサミン以外にマルチビタミンなど他のサプリも飲んでいる場合、グルコサミン以外の成分を敢えて含まないものを選んだほうが過剰摂取を防げて安全かもしれません。大正製薬の大正グルコサミンは純度の高いグルコサミン以外の成分を敢えて配合していませんので安心です。

エビ・カニ等の甲殻類アレルギーの場合

エビやカニにアレルギーのある方は、とうもろこし等の植物から特殊な精製法で抽出した植物性グルコサミンを配合したものであれば安心して飲むことができます。植物性グルコサミンで最も売れているのは健康家族の植物生まれのグルコサミンです。

当サイトでは安心して飲める大手のものだけを紹介

まずは信頼できる会社ものを必ず選んでください。サプリメントは見た目では品質が良いのか、本当に成分が入っているのかさえ分かりません。だからこそ、品質管理がしっかりしている大手の会社のものが安心です。 配合量については体重が55kg〜70kg程度であれば1,200mgで十分です。どちらかといえばグルコサミン以外の成分で何が入っているのかがより重要で、その観点でいうとサントリーのはケルセチン配合が魅力的です。

グルコサミン&コンドロイチン 売れ筋ランキングBEST5【2016年版】

グルコサミン&コンドロイチン サプリ 特徴
サントリー グルコサミン&コンドロイチン
ポリフェノール「ケルセチンプラス」配合がポイント!

価格:4,500円+税 送料無料

●日本一売れているグルコサミンサプリメント
●若々しさをサポートするポリフェノール成分を配合
●コンドロイチンとU型コラーゲン配合

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチン
15日分初回限定パックが1袋たったの1,000円。グルコサミン以外にも魅力的な健康成分が摂れる。

初回価格:1,000円 送料無料(3袋まで購入可)

●お得な初回限定1,000円パックが3袋まで購入できる
●グルコサミン1,200mg含有
●グルコサミンだけでなく、コンドロイチンやヒアルロン酸、U型コラーゲン、ビタミンC、ビタミンP、しょうが末を含有

暮しの匠
3倍の吸収率を誇るN-アセチルグルコサミン配合

価格:初回3,675円 送料無料

●従来のグルコサミンよりも3倍吸収率の高いN-アセチグルコサミン配合
●美容に、健康に今注目の成分「プロテオグリカン」配合
●満足できなければ最大6ヶ月間返金保証付き

健康家族 植物生まれのグルコサミン
甲殻類アレルギーでも安心の植物性グルコサミン

価格:4,320円 送料無料 (1ヶ月分)

●とうもろこしから抽出した植物性グルコサミン1,200mg配合
●MSMを300mg配合
●若さ成分レスベラトロールを配合

大正製薬 大正グルコサミン
含有量が多い方がよければコレ。しかも通常コースでも1日あたり98円と続けやすい価格

初回価格2,058円 送料無料(2回目以降2,940円)
定期コース初回は1,470円 2回目以降2,646円

●初回価格が非常に抑えられていて試しやすい
●グルコサミン含有量1,500mgと多く、純度が高い
●定期コースは初回1,470円、2回目以降2,646円と安い

サントリーのグルコサミン&コンドロイチンをおすすめする理由

理由1
若々しさの源!ポリフェノール成分が45mgと高配合

サントリーが最もオススメである最大の理由がこれです。健康で若々しさの維持をサポートするポリフェノール成分「ケルセチンプラス」を45mgも配合しているのはサントリーだけ。毎日ワインを飲むよりもお手軽にポリフェノールをとりいれることができます。

理由2
日本で最も売れているグルコサミンサプリメント

サントリーのグルコサミン&コンドロイチンはH・Bフーズマーケティング調べで8年連続で売上日本一(※1)です。売れ続けているのは信頼の証。見た目では成分がちゃんと入っているのか、安全性に問題ないのかが分からないサプリメントにおいて信頼ある企業の商品かどうかは重要な選ぶポイントです。

理由3
グルコサミンとポリフェノールだけでなくコンドロイチンやU型コラーゲンも摂れる

平均体重くらいの方にちょうど良い1,200mgのグルコサミンとコンドロイチンやU型コラーゲンを含むサメ軟骨抽出成分、そして吸収率を高めたポリフェノール成分「ケルセチンプラス」とバランス良く健康維持に役立つ成分が含まれています。

(※1) 2007-2014年売上金額(確定)

出典:H・Bフーズマーケティング便覧2009-2016 No.2機能志向食品編(グルコサミン成分カテゴリー内シェア) (株)富士経済

このサイトの概要

グルコサミンは40代以降足りなくなります

グルコサミンは関節軟骨で潤滑油の役割を果たしており、スムーズに曲げ伸ばしするのに欠かせない成分です。しかしながら、40歳くらいから、加齢とともに体内での合成量が減るため、足りなくなってしまう成分の代表格です。

グルコサミンは主にカニやエビなど甲殻類の甲羅に存在している成分で、日常食べている食品で摂取できる成分ではないため、足りなくなる分を補うためにはサプリメントを利用しないと難しいです。

サプリメントで補うのが最適

年と共に軟骨成分であるグルコサミンや潤滑成分コンドロイチンは減っていきます。何もしなければ行動的に活動し続けたくても色々と気になってきてしまうものです。足りなくなる分は補う必要がありますので、その手段としてサプリメントが最適です。

当サイトではグルコサミンやコンドロイチン含有のサプリメントについて成分や製造会社の信頼性などでランキングしています。また、各社の製品の特徴を簡潔に分かりやすく説明を心がけています。

グルコサミン コンドロイチンサプリメントの商品毎の違い

グルコサミンサプリも色々種類があり、塩酸塩で抽出したもの、天然型のNアセチルグルコサミン、また、含有量も各社違います。一般的には1,200mg〜2,000mg程度を1日で摂取することが推奨されています。必要量は体重に比例するため、体重の重たい人はなるべく含有量の多いものを選んだ方が良いでしょう。

購入の際には初回購入がとてもお得な価格になっているものがあったり、継続したときにリーズナブルなものと色々あるのでよく選んで自分にあったものを選びましょう。

私のおすすめ

個人的に飲んでいて皆様におすすめできるなと思ったのは、サントリーのグルコサミン&コンドロイチンと健康家族の植物生まれのグルコサミンです。前者は不足しがちな野菜ポリフェノール成分のケルセチンプラスが取れることがポイント。後者はエビ・カニを使用せずにとうもろこしから精製したグルコサミンを使っているのでアレルギーの心配が少ないのがよいです。

グルコサミンの必要量は体重に比例するので、90kg以上あるような身体の大きな方は小林製薬のグルコサミン&コラーゲンも含有量が1,720mgと多いのでおすすめです。

最もおすすめ⇒サントリー グルコサミン&コンドロイチン

「グルコサミン コンドロイチン」について

体内で作られているものとして、例えば、グルコサミン、コンドロイチンなどが、年齢とともに作られにくくなっていきます。 悲しいことですが、それが現実ですよね。何も努力をしないと、どんどん体は老いていくばかりで、体が動かなくなると精神的にも辛くなります。

グルコサミンを飲んでいると、気分的にも違って力が湧いてくるのを実感しています。 たくさん旅行に行きたいし、毎日のウォーキングも続けたいですからね。

十分な量のグルコサミンを摂るにはサプリメントを使うしか無い

グルコサミンはカニの甲羅や、エビの殻などに含まれていますが、日常の食生活では通常十分な量のグルコサミンは摂取することができません。ですからサプリメントで簡単に摂取できることはありがたいです。

グルコサミンとは

グルコサミンは、アミノ酸と糖類が結び付いたもので、主に軟骨細胞を形成する働きを持っています。 人の体の関節や目、皮膚などの粘膜にも多く存在し、関節部分のクッション的な役割も担っています。

特に、手やひじ、膝などの関節部分の軟骨は、年齢を重ねるうちに生成量が少なくなるため、軟骨を形成するグルコサミンの生成機能はとても重要になります。

グルコサミンは年々減っていく

グルコサミンの生成量は年齢だけでなく、運動不足や肥満といった理由からも減少するため、普段体を動かす際に違和感を感じたり、きびきびと動けない感じがしたりで、不足分を補う必要が出てきます。

グルコサミンは、カニやエビの殻といったそのままでは食べられないものに多く含まれる成分のため、有効成分を抽出し錠剤やカプセルに加工したサプリメントによって摂取するのがお勧めです。

更新情報

  • (2014.10.27)久光製薬 MSM+グルコサミンを更新しました
  • (2014.03.12)大正製薬を更新しました
  • (2014.01.27)暮しの匠を更新しました
  • (2013.04.07)植物性グルコサミンを更新しました
  • (2013.04.07)健康家族 植物生まれのグルコサミンを更新しました